【FX】ここぞという時を見極めてポジションを取れば勝てる

公開日: 

848: Trader@Live! 2015/03/17(火) 11:50:11.07 ID:0L1mppKk.net
移動平均だけみてれば利益出せるでしよ
ポジポジ病にきをつけてここぞと言うときにポジればまず損はしない

 

884: Trader@Live! 2015/03/18(水) 16:16:11.65 ID:lhBa9ToF.net
>>848
「ここぞ」を習得するのに6年かかった。
ファンダ、テクニカル、自分でEAまで作って運用したが全てだめ
だった。。
そこからはひたすらチャートとにらめっこ、通貨ペアの値動きの特性
だけを見分けることに集中した。⇒つづく

 

 

849: Trader@Live! 2015/03/17(火) 11:54:18.60 ID:UZRWj3aU.net
その「ここぞという時」が分かれば苦労しないんだよね

 

850: Trader@Live! 2015/03/17(火) 12:04:34.16 ID:ya0q8yH/.net
機械的なルールでここぞって時が分かればいいんだけどねぇ

 

851: Trader@Live! 2015/03/17(火) 12:21:19.85 ID:dmn8/1YF.net
複数のサインを総合的に判断するしかないと思う
そこまで厳密に毎回同じサインだけでいける気がしない

 

858: Trader@Live! 2015/03/17(火) 16:23:33.95 ID:UZRWj3aU.net
ポジポジ病は治ったけど
ポジれない病にかかってしまったよ

 

860: Trader@Live! 2015/03/17(火) 16:47:09.37 ID:a2+g6EM9.net
ポジろうと思ってからさらに15分待てばよ、もっと良い逆張りポジを持てることが多い

 

886: Trader@Live! 2015/03/18(水) 16:17:15.82 ID:lhBa9ToF.net
つづきはじめのうちは、
・ポジって逆行したら損切れずにロスカット ⇒ これが何度も続いた。
・10万入金してロスカットが幾度か続いて、損切ることを体で覚えた。
次に、
・損切りMUSTで、5~20pipsで損切りを続けていたら資金がどんどん溶けて
いった・・・。
・5~20pipsは狭すぎることに気づいて60~100pipsで切るようになったが、
コツコツドカンにはまった。
・それでもあきらめずにコツコツドカンを続けた。
・開始時は、10~20を5回ほど取ってから100pips損切りをする感じで
どんどん資金が溶けてった。
・慣れてきたくらいに、10~20を8~12回ほど取ってから100pips損切りをする感じ
になり、収支トントンになり始めた。
・それまでは1日10~15回くらいトレードしていたが、高僧の領域に入り始めてからは
1日2回くらいになった、それからは30~40回くらいで1回100pips損切があるくらい。
その損切は大きな波の反転の際に必ず発生するものであることを理解した。⇒つづく

 

887: Trader@Live! 2015/03/18(水) 16:18:36.43 ID:lhBa9ToF.net
つづきこの「感覚」を得るまではRRRであったり、勝率であったり、損小利大であったりちまたで
あふれている情報を意識の底辺に置いた状態で勉強していたが、習得後はそんなのはまったく
関係ないことを理解した。
「ここぞ」でポジると相当なことがないかぎり100pipsにはかからない。⇒つづく

 

888: Trader@Live! 2015/03/18(水) 16:21:02.64 ID:lhBa9ToF.net
つづき必要な知識としては、
・現状のドル、ユーロ、円 その他通貨国ファンダメンタル
(政策や社会情勢的なもの)
・上記ファンダメンタルでどの通貨が注目されているか
(今だったらユーロ売り)
・ダウ理論の値動きを徹底的に学習する
・各通貨ペアの1日、1週間、1月の値幅を理解する
な感じ。ここからは個人的な方法になるかもしれないが、
・直近のサポレジには高い確率でタッチするから、ポジるには
そこまで待つ。
・トレンドの長さは誰にもわからない。
・トレンドとは、ビッグプレーヤーが買い(売り)オーダーを投入している
時に発生する
・トレンド中にポジるより、トレンドが一旦終了してもみ合った時の方が
勝ちやすく、損切されにくい。⇒つづく

 

889: Trader@Live! 2015/03/18(水) 16:24:15.16 ID:lhBa9ToF.net

つづき具体的な例としては、

書き出すときりがないからあっさりと書きます。。

①現状の社会情勢を理解:
・各国が規制緩和に動いている状況で各国の通貨「安」が発生
・米国規制緩和が先に終了し、各国の通貨「安」の受け皿で
ドルが買われる傾向
・日本株、ドル円がGPIFの恩恵を受け底堅い展開
・他主要国に遅れEUが規制緩和合戦に参戦、参戦に
時間差があったため一気にユーロが注目を浴びる
・ギリシャ問題

②注目している通貨ペア環境の理解
・ユロドルは3000~4000pips反発もなく落ち続ける
・ドル円はGPIFで底堅い
・ユロ円は、ユロドル・ドル円の又裂き状態だが、ユーロ下げが強く
下落傾向
③その日の値幅とトレンド状況の理解
・ユロドルが数日前に1.04後半にタッチし一旦100pipsほど
戻しても見合っているが基本は↓
・昨日ユロドルは1.0650付近まで吹いた、その後1.06まで下げている
・ユロ円もユロドルにつれて129タッチ、その後128中後半に下げ、留まる。
・ドル円は121前半を堅持
④ポジ投入
・ユロ円が128後半に上がってきたので一旦の売り
128.68投入128.45で決済

みんなの参考になればこれ幸いです。。

 

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/livemarket2/1423654665/

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑